子どもから大人まで家族みんなで大満足の博多ラーメンげんこつ

ラーメンに求めるものは何でしょうか。美味しさ?店主のこだわり?お腹がいっぱいになる量?ラーメンに求めるものは人それぞれ違いますが、美味しいラーメンを気軽に食べたいと思ったときに頼りになるのが「博多ラーメンげんこつ」ではないでしょうか。

関西でも気軽に、美味しい博多ラーメンが食べられると評判のお店が、大阪を中心に店舗展開している「博多ラーメンげんこつ」です。

家族連れでも安心

本格的なラーメンを食べようと、こだわり店主の名店には全国各地で毎日行列ができています。そういった行列に並んでいるのは、たいてい大人が多く、2人連れなどの少人数グループやひとりといった面子で並んでいることが多い印象です。

名店には店オリジナルのルールがあったり、頑固おやじが味を守っていたりと、気軽に立ち寄ることが出来ない店も多くあります。しかしラーメンというのは、もはや日本の国民食と言っても過言ではないほど、日本人には浸透しています。

家族みんなでラーメン店を訪れるといった光景も珍しくありません。食事は本来、楽しく食べることでさらに美味しさが増します。こだわりの名店に訪れる大人たちは、覚悟を決めてお店に行っているので、多少乱暴なルールがあっても受け入れて、そのルールを楽しむことも可能です。

ところが小さな子どもたちにはそういったルールを守らせることは難しいでしょう。何より、家族だんらんで楽しむことが出来なければ、一緒にラーメン店を訪れる意味がありません。「博多ラーメンげんこつ」は、美味しい博多ラーメンを精一杯のサービスで提供しているお店なのです。

博多ラーメンなのだから、本社は博多なんだよね?という素朴な疑問の答えは「NO」です。本社を大阪に置く博多ラーメンげんこつは、大阪を中心に20店舗以上を展開しています。家族でも入りやすい店の雰囲気と、子連れにもやさしい接客で、家族で美味しいラーメンを食べたいという関西人の願いを叶えているのです。

お財布にやさしい

家族連れでも入りやすいと評判の店なのですが、学生に人気のお店でもあります。娯楽施設やショッピングモールにも店舗展開していて、食べ盛りの学生にとって、セットメニューは財布にもやさしい値段設定となっているからです。

ショッピングやボーリングなどで体を動かしてお腹を空かせたら、たくさんご飯が食べたくなるのは若い証拠です。それでも、なかなか食事に大金を使うことが出来ない学生にとって、げんこつラーメンは救世主として人気のお店となっています。

味は本格派

チェーン店だから味にはあまり期待しないという人も、一度食べればその美味しさに気付くこととなります。「博多ラーメンげんこつ」のスープは、とんこつと鶏ガラをたっぷり3日間煮込んで作っています。あまりにこってりした豚骨味は関西人の口には合いにくいということもあり、豚骨だけれどもあっさりとした味に仕上げてあるのです。

麺にもこだわりがあります。自家製麺を採用し、気温や湿度によって素材の分量を微調整しているということで、いつ行ってもつるつるしたのど越しを味わうことが出来ます。実は、本場の博多ラーメンは細麺であることが多いのですが、大阪発祥の博多ラーメンという事で、関西人の口に合いやすいのど越しを実現しているのです。

秘伝のもとダレやオリジナルチャーシューなど、チェーン点とは思えないほど味にもこだわりがあるのも魅力です。こだわりと言っても、変なクセがあるわけではないので、子どもから大人まで満足できるラーメンと言えるのではないでしょうか。

客目線に立ったメニュー作り

ラーメンの名店というと、店主が独自のこだわりを持ってラーメンを作っています。食べ方などを細かく指定している店もあり、店主のこだわりに客の方が合わせるというのが一般的です。ところが「博多ラーメンげんこつ」では、客の要望になるべく応えたいというサービス精神を見ることが出来ます。

例えば、麺のかたさは硬い方が好き、少しやわらかめがいいという人もいるでしょう。げんこつには、通常の麺以外にも、かためん・やわめんという麺を頼むことが出来、自分の好みにチョイスすることが出来るのです。他にも、モヤシ抜きやネギ抜きといった注文や、にんにく・豆板醤・紅しょうがをプラスしてほしいという注文にもこたえてくれます。

ベーシックなこだわりはあるけれども、それ以上のオリジナル性は客に任せるといった柔軟性があるのもげんこつの魅力です。ラーメン店で餃子のお持ち帰りをしている店はよく見かけますが、「博多ラーメンげんこつ」ではラーメンのお持ち帰りが出来るのも特徴のひとつです。

麺を家庭で茹でてから温めたスープと合わせて、最後にチャーシューなどをトッピングすればお店と同じ味を家庭でも楽しむことが出来ます。お店でも家庭でも美味しい博多ラーメンの味を楽しめる、これがげんこつのサービス精神なのです。

合わせて読む:人々に愛される博多らーめんの魅力!

関西地区以外でも「げんこつ」を味わいたい

「博多ラーメンげんこつ」の店舗は、大阪を中心とした関西地区にしかありません。どれほど美味しいと地元で人気のお店でも、遠方に住んでいる人にとっては味わうことが出来ないのが難点です。しかし、そんな「博多ラーメンげんこつ」の餃子の味であれば、全国どこでも味わうことが可能です。

げんこつ黒豚餃子は通販を利用して届けてもらうことが出来ます。げんこつ黒豚餃子はお店でも人気の定番メニューです。契約畜産農場から仕入れている鹿児島県産の黒豚は、豊かな肉汁と肉の柔らかさ、味のコクが自慢となっています。

キャベツももちろん国産です。日本国内には、いくつもの美味しいキャベツ産地があります。全国で生産されているキャベツをその時々の天候などによって選び、一年を通して美味しいキャベツを仕入れられるように努力しているのです。

餃子に欠かせないのがにんにくですが、気になるのはそのにおいでしょう。げんこつで作られている黒豚餃子は特殊な加工を施すことで、翌日ににおいが残りにくく、女性たちからも好評となっています。げんこつ黒豚餃子は、製造工場から家庭に直送されます。

美味しさは鮮度に影響されるので、工場直送の黒豚餃子は、お店で買う餃子よりも美味しく食べられるというわけです。初めての人はお試し少量48個入り、お友達とシェアできる288個入りというように、好きな量で注文できるので、近くに「博多ラーメンげんこつ」がないという人は一度取り寄せてみてはどうでしょうか。

参考サイト…鶴亀堂:博多ラーメン